車買取 ランキング ミニバン


かつて一般的なクルマと言えば3BOXセダンをイメージしていましたが、最近ではそのようなセダンよりもSUVやミニバンと呼ばれるステーションワゴンタイプの車をイメージしてしまいます。


日本人の生活スタイルや趣向の変化に伴い、SUVやミニバンが好まれるようになり、その人気は高まる一方です。


そのミニバンについて、車買取の人気ランキングをズバットのデータで調べてみました。

 1位:トヨタ ヴォクシー
 2位:トヨタ アルファード
 3位:日 産 セレナ
 4位:ホンダ ステップワゴン
 5位:ホンダ オデッセイ
 6位:トヨタ エスティマ

新車販売台数では苦戦しているステップワゴンやオデッセイが車買取では人気車となっています。また、生産終了したエスティマも根強い人気です。


上位の3車は新車販売台数のミニバンカテゴリでも上位に入る車で、新車、中古車ともに人気があります。それらに加えて兄弟車のノア、ヴェルファイアなども車買取では高額査定が期待できる車です。


このランキングには入っていませんが、トヨタのシエンタ、ホンダのフリードなども人気があり、高額査定が期待できそうです。とにかく、SUVと同様に現代のニーズに応えるのがミニバンのようです。

ただし、中古車市場にも数多く出回っているので、車の状態が良くないと査定も期待できません。車の性格上、走行距離が多くなることは仕方がないと思いますが、子どもを乗せることも多く車内の汚れなども注意が必要です。神経質になりすぎることはありませんが、車内の汚れは放置せず早い目に清掃をしておきましょう。


また、ファミリーカーとしての使用も多いので、個性的すぎるドレスアップは査定額にはあまり反映されないでしょう。ノーマルの状態でも十分です。最近では、シエンタ、フリードなどの小型ミニバンに人気が移行しつつあるように思います。また、3列シートが主流でしたが新車では2列シートの需要も多く、車買取にもその影響はありそうです。


まずは、初回車検を迎える頃に、一括査定で買取額を調べてみましょう。希望に添わない場合は、車検を受けて乗り続けて、2回目車検での売却を検討しても良いと思います。まずは、愛車の買取価格を知ることから始めてみましょう。